よくあるご質問



よくあるご質問

Q 泌尿器科とはどのような診療科ですか?
A

泌尿器科は腎臓、尿管、膀胱、前立腺、尿道そして陰茎・陰嚢内容などの排尿・生殖に関係する臓器のすべてを扱っております。

具体的な疾患としては以下のものが挙げられます。
膀胱炎、尿道炎、腎盂腎炎、前立腺炎、精巣上体炎、前立腺肥大症、過活動膀胱、神経因性膀胱、尿路結石(腎結石、尿管結石、膀胱結石など)、陰嚢水腫、各部位の癌、性感染症(性病)などです。

また当院ではED(勃起不全)、血尿の原因診断及び前立腺癌検診(PSAマーカーも含む)なども行っております。


Q 前立腺肥大症とはどのような病気ですか?
A

男性には膀胱を出たすぐのところの尿道に、尿道を囲むようにして前立腺という組織があります。
精液の一部を作る働きがありますが、これが年齢と共に肥大していく傾向がみられます。
ある程度大きくなって排尿に影響が出始めいろいろな症状がでてくる場合を前立腺肥大症と呼びます。
排尿の勢いが悪い、残尿(感)がある、尿が近い、尿が出るまでに時間がかかる、我慢できない強い尿意を感じる、夜トイレに何度も起きる、尿が途中で途切れるなどの症状があります。

年齢だから当たり前、仕方ないと考えている方がまだまだ多いようですが、ひどい場合には、腎臓の働きが障害されることもあります。

最近は内服薬が大変良く効くようになり、手術しなくてもよい方が増えています。 もし手術に至ってもお腹を切らずに内視鏡によるものが主流になっており、昔に比べて大変負担の少ない治療になっています。
また、前立腺肥大症だと思っている方の中に前立腺癌が発見されることも増えてきました。
少しでも症状がある場合は是非一度当院にご相談下さい。


Q 最近やる気が出ない、ほてりやすいなどの症状があるのですが?
A 男性ホルモン低下によるいわゆる男性更年期障害(加齢男性性腺機能低下症候群)の可能性があります。
問診、採血など簡単な検査で診断可能な場合もありますので、まずはご相談ください。

Q ED(勃起不全)の治療薬が希望なのですが?
A

当院では、ED治療薬(バイアグラ・レビトラ・シアリス)を扱っております。
また、ニトログリセリン(心臓の薬)を服用されている方や、肝機能異常などがある患者様は服用できないことがありますので、
まずはお気軽にご相談下さい。


Q 過活動膀胱とはどのような病気ですか?
A

何の前触れもなく突然に生ずる我慢できない強い尿意と時には尿が漏れてしまう(尿失禁)症状のことをいいます。

尚、他に泌尿器科的な(基礎)疾患をもっていないにもかかわらず、上記の症状を生じる方に対して過活動膀胱という病名を使います。
したがって泌尿器科的診断が大変重要になるのは勿論のこと、神経の病気も考慮に入れた判断が必要となります。

中年以降、特に女性にこのような症状の方がいらしても、我慢している方がとても多いといわれています。
全国の推定患者数が800万人以上と言われていますが、実際に医療機関を訪れる方が大変少ないといわれています。
ここ数年、大変有効な薬がつぎつぎに発売されています。
どうぞ、お気軽に泌尿器科専門医を受診されることをお薦め致します。


Q 子供が包茎といわれました。手術が必要でしょうか?
A

小児期の陰茎は包茎の形をしており、さらに亀頭と包皮がくっついているのが通常です。
おおむね、6カ月児では80%、3歳児でも10%は包皮を剥くことができません。
よくお母さんが心配して、無理に剥こうとすると、包皮が裂けて傷がついてしまったり、包皮が化膿して包皮炎を繰り返したり、時には、排尿時に包皮が膨らんでしまったり、まっすぐに尿がでないこともあります。
こういった症状には、泌尿器科などで診てもらうことを勧めます。

ただ、包茎のまま年齢がかさむと、亀頭のはりの部分の発達を抑えてしまうことがあるので、手術する場合は、1-3歳ぐらいの間に包茎手術をするのが良いとされています。

また、子供の包茎の手術には、健康保険も適用されるので専門医で見てもらうことを強くお勧めします。




ページのトップへ